豆乳と乳酸菌のヨーグルト”豆乳グルト”スーパーで出会う。

数年前のある時期から、ヨーグルトやチーズを食べると肌がものすごいレベルで荒れることに気付いて。(犬じゃなくてわたしがね)

それ以来乳製品を積極的に取らないようにしているのですが、ヨーグルトは好きだし、料理にも使える。

気軽に使えないと不便だなぁと思って、一時期、玄米と無調整豆乳を発酵させて自家製玄米豆乳ヨーグルトを作っていたのですが、夏の暑さで発酵が安定しなくなりおやすみしていました。

一度休むと「メンドクサイ」になってしまうわたしは、どうにも再開する気が起きず。


わんこがヨーグルトを食べているのを見て「わたしもヨーグルト食べたいなぁ。でも作るのメンドクサイなぁ」のループ。笑


そんな矢先、スーパーに豆乳のヨーグルト「豆乳グルト」が!


今までも豆乳ヨーグルトというものは販売されていたけれど、砂糖や安定剤を使っているので犬ごはん&犬おやつのレシピ開発にはなぁ。。。と思って、手にとってラベルを見てはそっと棚に戻すだけ。

普通の400gパックのヨーグルトの価格平均より30~50円ぐらい高いけど、うん、いいじゃない!

自分で作った豆乳玄米ヨーグルトもそうでしたが、普通のヨーグルトと比べるとちょっとベージュ気味。

水切りできそうな質感なので、デコレーションにも使えそう。

(オートミールとフリーズドライのフワンボワーズをのせて)


豆乳ヨーグルトを食べたことがないとちょっと違和感を感じる味かもしれませんが、豆乳好きな人やわんこさんならきっと平気なはず。

フルーツの酸味(キウイやパイナップルなど)は好きじゃないびすけも、豆乳ヨーグルトの酸味は大丈夫らしい。


(こちらはなんでもOKのばにら。)


豆乳グルトは植物性乳酸菌なので、おそらくわんこは動物性乳酸菌のほうが消化吸収が得意なのかもしれませんが・・・植物性乳酸菌の方が胃酸に強いという説もあるらしく、乳酸菌に関してはたんぱく質と同じ感覚で分類するのはちょっと違うかも?


植物性乳酸菌、動物性乳酸菌は明確に分けられるものでもない、という話もあるので引き続きもうちょっと調べたい。


うちのわんこ達にもあげてみて、まだまだ様子見中ですが目立った体調の変化はなさそうな感じです。



さて、この豆乳グルトに使われている乳酸菌は”植物性乳酸菌TUA4408L”というもの。


乳酸菌にはいろーんな、本当にいろーーーーんな種類があって、厳密にはそれぞれに得意な働きがあるのです。


■長野県木曽地方の伝統発酵漬物”すんき漬け”にも含まれる。

以前、テレビですんき漬けに含まれる乳酸菌に、抗アレルギー作用が期待できることを紹介していて。

その当時、乳製品アレルギー疑惑&お肌ボロボロストレスでヒドイ状態だったので、とてもよく覚えています。すんき漬け。

もちろん、すんき漬けに含まれる乳酸菌も1種類ではないそうなので、全く同じではないと思いますが関東では気軽に買えないすんき漬け、ちょっと身近に感じる。


■研究結果上、期待できることは・・・。

・血中総コレステロールの低下 

・肝臓への脂質の蓄積を抑える

・腸内の炎症を抑える

といったことが働きのある乳酸菌のよう。


ちなみに、勘違いされやすいですが

・乳酸菌=乳製品=乳糖=乳糖不耐症でお腹壊す。

・乳酸菌=乳製品=乳アレルギーはNG

ということではございません!


乳酸発酵するための細菌が乳酸菌という名前なので、ややこしいのですが。。。

乳製品食べすぎると肌が膿んでしまうわたしですが、納豆やぬか漬け、キムチ、豆乳ヨーグルトでは肌が荒れないどころか、調子がよくなるぐらい。

(あくまでわたしの感想ですー)


ただ、牛乳から作られるヨーグルトとは原材料も栄養価も異なりますので、通院中だったり持病があったりで食事制限が必要なわんこさんは、かかりつけの獣医師に確認してから与えてくださいね。

もちろん、大豆アレルギーや大豆製品を控えるよう指導されている場合はご注意を。



犬ごはんや犬おやつに使える食材がスーパーに増えると、嬉しい。

人気になってスーパーから消えるのも困るけど、スーパーの定番商品になるといいなぁ。

犬ごはん先生いちかわあやこ Official web site

"愛犬と飼い主さんの心と体が喜ぶ食生活"を伝えている、犬のための料理研究家の手作り犬ごはん・犬おやつ・犬用ケーキのレシピ、犬に与えていい食材・与えてはいけない食材リスト、メディア掲載情報