書を捨てよ、街を歩こう。

5月から、不定期で浜松の動物専門学校で特別授業をしています。

授業は午前中で終わるので、ランチを食べて帰るスケジュール。

全9回の前半は「新幹線の停車駅だし、駅前行けばなにかしら名産は食べられるでしょ」という考えだったのですが、甘い。浅い。完全にランチ難民と化す。


いや、海鮮のお店もあるのだけど、なんかしっくり来るお店がない。

仕事終わりの自分を癒しつつ、自分の視野を広げるには失礼ながら物足りない。

駅弁も、あまり好きじゃないものが入っていたり。


授業も後半戦に入った頃、コーヒースタンドと勘違いして行ったコーヒー豆専門店で見つけたお蕎麦屋さんのショップカードとの出会いをキッカケに、ローカル線の遠州鉄道沿いを歩いてみることに。


で、前回見つけたのがコーヒースタンドWILL coffee & roasters

今回も授業終わりに、そのまま歩いて行ってみようと方向音痴ながら道を変えてお散歩。


道中で目に止まる、わたし好みのビル。

この日は水曜日。遠州鉄道沿いは水曜定休が多いみたいで、ほとんどのお店がお休み。。。

まだ時間もあるし、雰囲気も良さそうだから覗いてみることに。

どこもかしこも、わたしの好きなテイストでカメラを持ってきていないことを後悔。

こんな場所で作品撮りできたら楽しいだろうなぁ。


CAFEってあるし、営業しているっぽい。

これも何かの縁だ。行ってみよう。


ランチタイムはビュッフェスタイルで700円という、びっくり価格のカフェ。

(ビュッフェと言われてお高めランチを覚悟した分、さらにびっくり!)


自家製パンがメインで、ドリンクも飲み放題。

しかも飲み放題とは思えない種類の豊富さ。

前日にダイエットを決意したのだけど、働いた後だし、歩いたし、野菜多めに食べればいっか。とランチはここに決定。

(ダイエットできない人の言い訳満載。)

自分で作れるパニーニに、パンもかなりの種類。

ピザもあったり、スープまで付いて来る。

トースターも自由に使えるので、こんがりトーストも自分で焼ける。

久々に食べたなぁ、トースト。

ビュッフェに嬉しいミニサイズがかわいい。


雰囲気の良さに後ろ髪を引かれつつ、ビルを後にして駅へ向かう。


フードフォトでは使うことのない影くっきり&直射日光ガンガンの写真も、風景だと遊べて楽しい。


ここは夜に覗いてみたい小道。


・・・馴染みのある名前のお花屋さん。


なんでもネットで情報が揃ってしまうような昨今だけど、やっぱり自分の足で見つけた情報の方が価値があるように思う。

ネットに全ての情報が落ちているかというと、実際はそうでもなかったりする。

正しい情報もあるけれど、間違った情報もある。


全てがインターネットや仮想現実で済んでしまう人生はもったいない。


寺山修司氏の「書を捨てよ、町へ出よう」という本のタイトルに、全く共感できなかった典型的インドア人間だけど、書には書から得られるものがあって、町には町から得られるものがあるのだなと思ったのでした。


・・・この後も歩き続けて足が疲れ、翌日は動けませんでした。笑


浜松での特別授業も残すところあと1回。

2年間かけて教えているものを9回に凝縮するのは無理があるかなぁと思っていたけれど、かなり良いものが出来ている。

最終日はプレゼン。楽しみだ。

犬ごはん先生いちかわあやこ Official web site

"愛犬と飼い主さんの心と体が喜ぶ食生活"を伝えている、犬のための料理研究家の手作り犬ごはん・犬おやつ・犬用ケーキのレシピ、犬に与えていい食材・与えてはいけない食材リスト、メディア掲載情報