季節外れのいちごパンケーキの話、とホットケーキミックスは犬ごはん・犬おやつに使っていい?よくない?

すっかり秋ではございますが、仕事で使った生のいちごが余ってしまったので、米粉でグルテンフリーのパンケーキを作りました。

せっかくですから、わんこもわたしも食べられる仕様に。

パンケーキにもいちごを混ぜ込んでいるんですが、旬じゃないので酸味強め・・・

でもおいしい。満足!


さて。

空前のパンケーキブームがもうブームではなく文化になっている感じ。

うちのわんこもパンケーキ(というか焼き菓子)大好き!


ホットケーキミックスを使ったら、それはそれは楽で綺麗に焼けて、美味しいことこの上なしなのですが、わたしは犬ごはんにも犬おやつにもホットケーキミックスは使いませんし、オススメもしません。


人間の舌で味を感じるための味付けがされていたり、着色料が使われていることもあるから。

商品やメーカーによって配合や原材料が違うものに対して、OKは出せないなぁ。。。

「毎日あげるわけじゃないし」という理由でも、わたしは使わないようにしています。


たまにあげるものだからこそ、食材選びやその伝え方も慎重にやっていきたい。

ホットケーキミックスを使わなくても、砂糖を入れなくても、こんがりきつね色にすることは可能なのです。

パンケーキは焼くたびに配合を変えて作っているのですが、今回のレシピが今のところ一番のお気に入り。

米粉だけど、小麦粉で焼いたようなしっとりふんわり感。

しかも冷めてもふわふわ!


レシピはまた改めて。


たかーく積み上げたパンケーキ&わんこの写真はたぶん初めて撮ったのですが、タックルとマズルパンチで2〜3回破壊されました・・・汗



個人的には、昭和の香り漂うような、しっかり焼いた分厚いパンケーキが好み。

シンプルにメープルシロップで食べたい。

(いろんなカフェがあれこれ趣向をこらしているというのに。笑)


基本に飽きると、あれこれ新しいものを足したくなる。

どんなものでも”基本(伝統)+現代の感覚”ではなく、ただの斬新なものになってしまうとやはりズレている気がしてしまう。

流行によって、いかに斬新なものがクローズアップされようとも、やっぱり最後は本質に戻ってくる。


食の本質は「おいしさと健やかさを感じ、取り入れること」だと思う。

それを、栄養学や五感で楽しむことで彩っていく。

とはいえ、わたしの場合は犬なので、犬ごはん・犬おやつとしてのセオリーや演出も頭に入れて。


手作りの犬ごはんと犬おやつのある暮らしの本質は、「愛犬のことをもっと知り、一緒に過ごす時間を楽しみ、心と体の調和を共に目指していく事」なのではないか、と今のわたしは感じています。


犬ごはん先生いちかわあやこ Official web site

"愛犬と飼い主さんの心と体が喜ぶ食生活"を伝えている、犬のための料理研究家の手作り犬ごはん・犬おやつ・犬用ケーキのレシピ、犬に与えていい食材・与えてはいけない食材リスト、メディア掲載情報