ぬか床、再開。と、犬が食べられる発酵食品のこと。

ぬか床、再開。


子供の頃から漬物は好きだし、ぬか床の宝探し感覚も好きだったんですが、ぬかのニオイが本当に苦手でした。

今も好きなニオイではありませんが(笑)この前表参道のBROWN RICEですごく久しぶりにぬか漬けを食べて以来、無性に欲するぬか漬け。

玄米、味噌汁、煮物、漬け物・・・日本人に生まれてよかった!


食の流行は毎年沢山生まれています。

今までにないビジュアルだったり、日本初上陸という話題性だったり、美容健康を謳ったものだったり。理由はそれぞれ。

スムージーやココナッツオイルのように流行から定番に変化しているものもあれば、パンナコッタのようにすっかり見かけなくなったものもあり。

パンケーキのように現代風に生まれ変わったものもある。


栄養学などの学問は、情報や技術の発達で書き換えられたり新しく見つかることはあるけれど、流行に左右されるものではありません。

わたし、犬も人間も健康の要は腸だと思っていて、真面目な健康コラムを書いたりすると、最終的に行き着くのは決まってのこと。


ストレスが過剰になれば、自律神経のひとつ副交感神経の働きが低下し、消化機能が鈍り腸の悪玉菌も増えるとされています。

腸が正常に働いていなければ、栄養素の吸収も上手にできなかったり、排泄がスムーズでなければ悪玉菌が発生してしまい、それが吸収されてしまうことも指摘されている。

なによりも、胎児の体は腸から作られるということを知って以来、腸の大切さを痛感。


テレビの健康番組でもさんざん取り上げられていますが、腸には善玉菌と悪玉菌、多い方の味方になる、なんとも都合のいい日和見菌がいます。

だから、善玉菌を増やす生活を心がけていれば、日和見菌も味方してくれる。

もちろん、逆も然り。


そんなこんなで再開したぬか漬けは、善玉菌のひとつである乳酸菌の宝庫。日本人の知恵が生み出した伝統食のひとつですが、わんこには与えない方がいいです。

(ちなみに、乳酸菌と乳製品はイコールじゃないのでお間違えないよう。)


ぬか床を育てて行くために、塩や香辛料は欠かせません。

例えば今回のわたしのアボカド(※)のように、人間には良くても犬に与えない方がいい食材を漬けることもあるので、どうしてもその成分が残ってしまう。

発酵したら分解されるケースもあるかもしれませんが、そこは未開拓の部分ですし、そもそも沢山の塩と香辛料を使うので、わんこが食べないように気をつけてください。

(※アボカドは産地によってOKとのことですが、リスクが高いので避けてます。)


ホリホリして食べ物が出てくるなんて、犬にとって最高なものだと思うんですけどね。ぬか床。

わたしが犬なら掘りたいぞっ!笑


犬が食べられて、スーパーで手軽に買える発酵食材は


  • 甘酒(アルコール、調味料不使用の甘糀タイプ)
  • 納豆(タレなし)
  • 無糖プレーンヨーグルト
  • チーズ(カッテージ、モッツアレラ)

種類も限られてしまうし条件もありますが、菌にも色々な種類があるのでできれば偏らずに摂りたいですね。

食事だけで全てをどうにかするのは難しいけれど、食生活を無視して健康管理はできません。

でも、ストイックになりすぎて健康管理が負担になってしまったら逆効果。

続けてこそ、意味のあるものですから。


ご家族もわんこもストレスを溜めないよう、無理のない範囲で楽しく取り組んでくださいね。

犬ごはん先生いちかわあやこ Official web site

"愛犬と飼い主さんの心と体が喜ぶ食生活"を伝えている、犬のための料理研究家の手作り犬ごはん・犬おやつ・犬用ケーキのレシピ、犬に与えていい食材・与えてはいけない食材リスト、メディア掲載情報