寒天ときゅうりで簡単おやつをゴージャスに見せる。

困ったことに、アイデアを集めたりまとめたりする場合、深夜のわたしの脳みそはとても良い働きをしてくれる。

本当に困ったことに。

直近で必要なことのアイデアというよりも、先々の種まきになるような新しい感覚が掴めるのも深夜。


この感覚は10代の頃から変わらずで、デザイン学生だった時には夢にデザインが出てきたほど。

当時も今も、自分がやらずにはいられないことをやっているので、深夜のヒラメキが楽しかったりもするのですが。笑


でも大人になるにつれて「夜は日が変わる前に寝たほうが健康に良い」という情報が先行してしまい、深夜脳をどうにか昼間に持ってこれないものか考えだす始末。


今夏すごい乾燥肌になってしまったのだから、お肌を労ってさっさと寝ればいいのに。


最近、アイデアのストックとしてPinterestをよく使うのですが、さっきからコーヒーの画像をたくさん見ているうちに、なんかコーヒー飲んだ気分になって覚醒しちゃったような。

単純なんだか、複雑なんだか、本当に困ったものです。


そんな矛盾だらけの性質だからなのか(?)簡単な料理をいかにして手の込んだ料理に見せるかという部分をこだわることが多い。

夏はできるだけオーブンを使わずに、体の熱を冷ましてくれたり水分補給も兼ねられるおやつを作りたい。

先日は寒天をバットで固め、セルクルで抜いて、きゅうりでデコレーション。

きゅうりは縦半分に切って、ピーラーでスライス。

型抜きしたり、リボン状に丸めて置いたり。

バランスよく型抜きすれば、抜いた方も残った方も使える。

今回は、残ったリボン状のきゅうりを大きい寒天に巻きつけ、抜いた方を小さい寒天に貼り付けてみました。


ここで、寒天とゼラチンの違いを簡単に。

透明に固めるという点は一緒ですが、わたしは用途や目的によって使い分けています。


【寒天】 

体を冷やす働き。

体温や室温では溶けないので、丸飲みの子は細かくする必要あり。

一度煮てから固めるのが基本。 

やや白濁した仕上がり。 

夏に持ち運ぶ場合は寒天がおすすめ。


【ゼラチン】

体を温める働き(とはいえ、普通は冷蔵庫から出したてで食べるのであまり期待していません。)。

お湯で溶すだけで良い。

体温や室温で溶けることもある。

一部の果物は生だと固まらないので加熱してから混ぜる。

透明な仕上がり。


どちらも粉末の状態だと日持ちするので、冷蔵庫にストックしておくと便利。

まだまだ熱中症対策は必須です。

水だけだと十分に飲んでくれないわんこさんは、寒天やゼラチンで固めてみたり、かつおぶしやごまのように香りが強いものを混ぜて工夫してみるのもオススメ。


楽しく夏を過ごしましょう。


そして。

ここまできて、データを移している間にちょっと横になろうと思って、がっつりお昼寝しちゃったのが深夜脳モードに響いているんだな、ということに気付いたのでした。


今夜の一曲は深夜作業の定番曲。

Sigur Ros - Untitled #1 (A.K.A Vaka) [Official Video]

犬ごはん先生いちかわあやこ Official web site

"愛犬と飼い主さんの心と体が喜ぶ食生活"を伝えている、犬のための料理研究家の手作り犬ごはん・犬おやつ・犬用ケーキのレシピ、犬に与えていい食材・与えてはいけない食材リスト、メディア掲載情報