ばにらとびすけに感謝と感動する日々。

昨年の秋から半年間、フードコーディネートやスタイリングを一から見直すためにスクールに通っていました。

在学中も卒業後も色々なことがあって、色々な表現をして、いまのわたしがたどり着いたこと。


「犬の食べ物を作るとき、そこには必ず犬がいる。」


ニンゲンの食べ物もニンゲン無しでは成立しませんが、自分ひとりのために作ることもある。

でも、犬の食べ物は違う。


誕生日かもしれないし、日常のごはんかもしれない。

犬友へのプレゼントかもしれないし、もしかすると体調管理の一環かもしれない。

理由は様々でも、犬がいなくては成立しない犬ごはんワールドの美しさに気付く。

(え?気付くの遅くない?笑)


そんな思いが溢れてしまい、よくある料理写真の構図からも溢れ出てしまいました。笑

うちのわんこに会った事がある方々は、きっと知っている。

ばにらもびすけも引くほどフードファイター。

食べ物を前にして、じっとなんてしていられません。。。汗

当然、フセする余裕などございません。


それでも、表現したくてたまらない世界がある。

それにはわんこの協力が必要で、”食べ物の前でフセ”は避けて通れない。

表現しなくては伝わるものも伝わりません。


わんこに何度も事情を話し、フセしてくれるまで信じて待つ。

ということを繰り返し、びすけはこんな写真まで撮れるように!


「モデルやりたい子〜」

と聞くとアピール合戦になるので、ばにらもびすけもわたしの仕事のことややりたいことをとても理解してくれているように思います。

(料理やスタイリング、構図で選抜しています。)

ばにらはお座り&スマイルが限界だけど、ちょっと前までは待っていられなかったなぁ。

しつけは歳を取れば取るほど難しいとは聞くし、理由もわかるけど、1ヶ月足らずでここまで出来るようになる犬のパワーに改めて感動!


そして、食べ物がないところで練習(ていっても、ゆる〜い感じの)をしているので、長いこと満足に取れていなくて気がかりだった”犬との時間”が取れるようになったことも嬉しい。


暑かったり、ゲリラ豪雨に見舞われたり、満足に散歩に行けない季節。

講師をしている専門学校が夏休みで時間の余裕がある今。

時間のせいにして先送りしていたことを思いっきり楽しもう。

犬ごはん先生いちかわあやこ Official web site

"愛犬と飼い主さんの心と体が喜ぶ食生活"を伝えている、犬のための料理研究家の手作り犬ごはん・犬おやつ・犬用ケーキのレシピ、犬に与えていい食材・与えてはいけない食材リスト、メディア掲載情報